プロフィール

専務取締役 飯田 泰平 (いいだやすひら)

仕事を始めたきっかけ

飯田泰平

ものごころついた時から自宅兼工場でしたから、工場内がもう遊び場でした。父や社員さんの背中をずっと見てきたので、ずっと尊敬し同じようになりたいなっていうのが最初のきっかけでした。

まずはこういう手に職のような、技術職的なものもあこがれがあったので、特に作りたいものは何かって言われたら正直なかったんですけど、ものづくりができたり、職人の技を極めたいという気持ちがあったので、ばね自体にはこだわりはなかったです。

大学も理工学部で機械を学んで、社会経験ないまま直接実家に入るっていうのも何か。。。
ひとまず自動車関連の設計をやってる会社に入り、5年近く設計のイロハを学びました。

飯田スプリングに入社して

もう現在と同じように多品種少量でやってたんですよね。やっぱりスピード感に戸惑いましたね。何て言うんですか、会社の仕事の流れ、業務の流れの速さといいますか、注文来て、作って納めるというのを、一人一人が全部自分でやるんです、見積もりから納品書まで。

その流れに乗るというか、作るほうの仕事を早く覚えなきゃいけなかったんですけども、ほかの業務も覚えなきゃいけない、じっくり教わってる時間もない中で、同じように溶け込んでいくのは、すごく最初は苦労してきました。

あとは大抵手づくりで作ってるので、機械ももちろんですけど、やってみて全然うまく巻けないんです、ばね。

もちろん皆さん、先輩は何十年もやってるの簡単そうにやってるんですけど、これはもう絶対一生追い付けないな、この人たちが現役でいる間は絶対追い付けないなっていう、その差に愕然としました。

でも、やっていく中で、地道に一個一個やっていけば、ちゃんと上手くできるようになるという楽しみや充実感を見つけることができたので、やっぱり追い付けっていうよりは、ある一定の技術まで行くのは本当に時間がかかっていく、大変なことなんだなっていうのは、身にしみて感じました。
それに簡単に追い付けるような世界じゃ、この先ないわけだし。

仕事を通じて得た経験や気付き

もともと設計の仕事をしていたので、図面書いて送ればモノができて来るっていう感覚だったんです、最初。だけどそれは、まだ僕も若かったせいもあって、製作現場の人に自分の作りたい思いがしっかり伝わってないと言ったら変ですけど、設計者側の気持ちがすごい分かるんです。

今ではお客さんから図面をいただいても、少し見れば、こういうところ分かんないんだなとか、理解しない状態で書いてるなって判ります。かつての私も同じように苦労したんです。ちょっとでもおかしな図面書いたら部品メーカーから電話が来るんです。本来なら上司が細かく図面をチェックして承認するんですが、繁盛期はそこまで目が届きませんからね。すると、強い口調でこんなんじゃ作れないよと、出図後はそういう電話が来ると怖くてビクビクしてたんです。

だけど、お互い言い方一つでコミュニケーションがすごく円滑になるので、設計者の気持ちはすごく分かるから、「こういう所はこういう指示をしないと、作り手が迷いますよ」とか、「こういう書き方しちゃうとこういう物ができてしまう可能性があるよ」とか。

お客様に対する接し方は、逆にそういう町工場とか、メーカーさんに注文を出す立場を経験できたからこそ、図面書きを経験したからこそ分かることだったので、それはすごい自分の中でいい経験だったなと思いますし、それは今の仕事に生きてるなと思います。お客様の立場になって、一緒に図面を、ものを考えられるというところです。

仕事をしていて幸せだと思うこと

直接エンドユーザーさんに会うわけじゃないし、ばねは外から見えない部分にありますので、ばねを作って納めて終わり。基本的にはそうなんですよね。

なので、無理難題を言ってこられたお客様や、特急で何十件もすごい量の注文が来るけど断れない状況で、2週間ぐらい休みなしで朝から晩までずーっと働いてるということもあるんです。

だけど、そういう困難を一つ一つクリアできて、お客様に「ありがとう」と感謝された時は、頑張ってよかったなと、世の中のためになっているなと。身を粉にして、仕事の目的を見失うときもあるんですけど、お客様から褒められたり、感謝の一言をいただくと、やっぱりそれは嬉しい。

今後について

時代とともにお客さん自身も変化していきます。そこに気づかず、いや、お客さんの信者になって待っていれば自然に注文が来る時代でもなくなって来ています。お客さんを信者にするくらいの気持ちじゃなきゃダメなんです。

ばね業界は大手さんから下請けへ、また更に下請けへという構造がまだまだ根強いところがあります。
だけど、ちょっと一歩外へ踏み出すとお客様って無限にあるんです。ばね屋さんを探しているお客様って本当にたくさんあって。

弊社もこれまで以上に品質保証や生産管理体制を整えて、期待に応えられるようより信頼される会社に日々変化し続けていかないといけません。

お客様の実現したいものを、限りなく100%に近い状態で実現できるような提案力と、技術力。これからももっと身に付けていかなきゃいけないと。
従来通りただ作って納めるだけでも立派な製造業なんですけど、これからはもの作りだけじゃなくて、直接お金にはならないかもしれないですけど、そういうおもてなし、サービス的要素を含めて提供することはとても大切なので、その部分も事業として高めていけたらと思います。


飯田スプリングのスタッフ

  • 飯田保太郎

    飯田 保太郎

  • 飯田史郎

    飯田 史郎

  • 飯田道郎

    飯田 道郎

  • 塩田美和

    塩田 美和

  • 大沼一愛

    大沼 一愛

  •  

お問い合わせ

試作スプリングのご相談はお電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ:03-3701-2831 お問い合わせ:03-3701-2831

【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ